外国為替レート

外国為替レートは、2国間の為替レートの取引価格を指します。
為替レートは、変動相場制と固定相場制の2通りの方式が存在しますが、先進国ではほぼ変動相場制を採用しています。

変動相場制では、日々の需要と供給を元に売り手と買い手の当事者間での相対取引によって、 価格が決定するため、相手方となる銀行によりそれぞれレートが違ってきます。

例えば、豪ドルなら日本円との金利差は3.65%です。
1万豪ドル買うだけで1年間で約36,500円を受け取れます。
2012年5月1日現在、銀行の外貨預金は手数料がFXの166倍高く、スワップ金利はFXより1.85%も低く、解約もしにくい商品です。
国の金利差で発生する金利差益をスワップポイントといいます。ポジション(建玉)を長く保有しないことはそれだけでリスク回避となります。

貰える金利が外貨預金より多く、手数料も安い貰える金利が外貨預金より多く、手数料も安い

海外は日本より銀行の金利が高いので外貨を買った場合その外貨にスワップ金利が付きます。
そのスワップ金利から日本のスワップ金利を引いたものがFXをすると貰えるスワップ金利です 。
例えば、豪ドルなら日本円との金利差は3.65%です。

円高とは、為替相場<1ドル=200円>から<1ドル=100円>になるような状態です。
1ドルを購入するのに必要な円が少なくなったわけですから、
円の価値が高くなったということになります。

外国為替取引とは、簡単に言うと2種類の通貨を交換する取引のことをいいます。
円の価値が上がった、下がった、あるいは、ドルの価値が下がった、上がったなど、外国為替は通貨交換をする時点での2国間のレートで行われます。

投資額の25倍の取引ができる

FXは証拠金(投資金)の25倍の取引が可能(レバレッジ)です。
つまり1万円で25万円分の取引ができ、少ない資金でも大きな利益を得ることが可能です。

100万円あれば2,500万円までの取引ができるのでちょっとした為替変動でも大きな利益を出すことが可能です。
例えば、 ドルを1ロット(1口)購入し、100円だった円が101円になり1円上がったとします。
これだけで1万円のプラスです。 FXの利益はこのような為替変動により生まれます。

高いレバレッジを取るということは、それだけ大きなリスクを負うことになりますので、レバレッジの大きさは慎重に決める必要があります。
ただし、レバレッジの使い方をしっかり認識することが出来ればFXトレードがもっと身近な取引になりますので当サイトを見てしっかり勉強して行きましょう!

初心者でもすぐできる!2択で仕組みが簡単

簡単に言ってしまえばドルが上がるか下がるかの2択です。
極論を言ってしまえば確率50%ですが、色んな為替情報で相場が上がるか下がるか、大まかな予想ができます。

情報を集め、上がるか下がるか方向性さえつかめてしまえば、FXは比較的儲けやすいと言えます。
仕組みが単純なので、主婦やサラリーマンの副業として人気です。
419万人が取引をしており、年間取引高は1,765兆円です。

外国為替レートは、2国間の為替レートの取引価格を指します。
為替レートは、変動相場制と固定相場制の2通りの方式が存在しますが、先進国ではほぼ変動相場制を採用しています。
交換するときのレート(交換比率)は、その時のそれぞれの国における経済状況や政治状況、金利や貿易収支、世界情勢など様々な要因によって常に変動しています。

約4千円の少額からできる

基本的なFXの取引単位は10,000通貨です。
ドル/円なら1万ドルを売買するのが基本ですが、YJFXは1/10の1,000ドルから取引ができます。
FXはレバレッジで預けた証拠金(投資資金)の25倍の取引ができるので約4千円から気軽に投資ができます。
ただ、4千円だとちょっとした値動きですぐに損をしてしまうので、最低でも10万円の投資資金を用意することをお勧めします。

銀行・証券のディーラー同士が電話や為替ブローカーを介して相対で取引をしています。
ニュースなどで「ニューヨーク市場」や「東京市場」というのは、その時間帯に中心となっている市場という意味合いで使われています。

為替(カワセ)とは、遠い場所に住んでいる人とお金のやりとりをするために用いる方法の1つで、お金をそのまま現金で直接送付すると色々と危ないので、手形や小切手を使って貸借を決済する方法のことです。

FX 週刊相場予想

“外為経済アカデミー
今日のアナリストレポート

外為オンラインのシニアアナリスト佐藤正和がお届けする「今日のアナリストレポート」に注目!
兵(つわもの)ブロガーの週刊相場予想”

「どんな銘柄が自分に合ってるんだろう」等、自分の取引について考えたことはありませんか?FXお客様の取引を多角的な視点・客観的な観点で取引の分析を行い、お取引をサポートします。

お客様は取引開始にあたって、本取引の特徴、取引条件、仕組み及びリスクについて十分に理解した上で、ご自身の判断と責任において、自己の計算によりお取引を行って下さい。

プログラムを選択するだけで、プロと同様の取引ができるのが売りのシステムトレードですが、本当に自分にあったものを豊富なプログラムから見つけ出すのは大変な運と努力が必要です。